No Coal,Go Green!日本の海外石炭融資にNO!

【現地報告会開催】オンラインセミナー: インドネシア・チレボン石炭火力 ~「Dirty」ビジネスに抗う住民たち(7月16日)

オンラインセミナーのご案内 :インドネシア・チレボン石炭火力~「Dirty」ビジネスに抗う住民たち

「突然2007年に工事が始まった。それで事業があることを知り、反対を始めた。」
「隣のおじちゃんが土地を売れと強要されてたんだ。」
「2号機ができたら、また沿岸の漁場が奪われる。」
――日本の官民が進めてきたインドネシア・ジャワ島の石炭火力発電事業に10年以上も反対の声をあげ続けてきた住民の皆さんがいます。昨年には、その事業をめぐって地元政治家と海外企業の汚職も発覚しました。

今回のセミナーでは、丸紅やJERA(東京電力と中部電力の合弁)が出資し、国際協力銀行(JBIC/ジェイビック)や三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行が融資を続ける「チレボン石炭火力発電所」の問題を取り上げます。

現地とオンラインで繋ぎ、なぜ長年反対を続けているのか、その理由・思いをチレボンの住民の皆さん、そして現地NGOの皆さんに直接報告していただきます。ぜひご参加ください。

【日時】 2020年7月16日(木) 19:00~21:00

【共催】国際環境NGO FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、気候ネットワーク、メコン・ウォッチ、Fair Finance Guide Japan

【プログラム】(当日変更になる可能性もございます。)
1.開催趣旨(5分)
2.チレボン石炭火力発電事業の概要と日本の関わり (10分)
3.現地NGOからの報告1:環境社会影響(20分/逐次訳含む)
3.現地NGOからの報告2:汚職事件(15分/逐次訳含む)
4.質疑応答(10分)
5.チレボン住民の皆さんからの報告(25分/逐次訳含む)
6.質疑応答(30分)

お申し込み

7月15日の16:00までに、以下からお申込みください。
申込みフォーム
https://www.foejapan.org/event/event_form.html
※オンライン会議システムのzoomを使用しての開催となりますので、マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホ、タブレットが必要です。
お申し込みいただいたメールアドレス宛に前日15日の18:00までに、zoomウェビナー参加用のリンクと説明をお送りします。

お問合せ

国際環境NGO FoE Japan(担当:波多江)メールアドレス: hatae@foejapan.org
電話: 03-6909-5983/ファックス: : 03-6909-5986