No Coal,Go Green!日本の海外石炭融資にNO!

参加する

化石燃料に頼らない持続可能な社会の実現に向けて私たちひとりひとりができること

SNSやメールマガジンなどに登録して情報を収集する

環境団体のメールマガジンに登録したり、SNSをフォローしてください。まずは情報収集から始めてみませんか。石炭の問題や気候変動についての情報を家族や友達に伝えてみませんか。
https://twitter.com/JBICnocoal
https://www.facebook.com/jbicnocoal/

イベントに参加する

イベント・アクション情報を適宜掲載していますので、是非ご参加ください。

環境団体の会員/サポーターになる

このプロジェクトに参画している環境NGOの会員やサポーターになって、団体の活動を支援してください。会員になると団体のニュースレターなどによる情報提供や、イベントの参加費が割引になるなどの特典もございます。入会方法や年会費は団体により異なりますので、各団体にお問い合わせください。

署名活動に参加する

署名活動に参加して、日本政府や企業に伝える声を大きくしていきましょう!FacebookやTwitterで、またはホームページで署名を集めることもあるので、内容に賛同したらぜひ署名してみてください。

環境団体でボランティア、インターンをする

環境問題や社会問題に関心がある、これらの問題に対して何かやりたいとお考えであれば、ボランティアやインターンとしてNGOの活動に参加することもできます。

ちいさな脱石炭に踏み出す

自分で使う電気を石炭に依存しないエネルギーによって発電された電気に切り替えることも「脱石炭」への一歩です。再生可能エネルギーへの切替を支援するサイトなどを参考に、おうちの電気の切替「パワーシフト」をしてみませんか。(パワーシフト・キャンペーンの情報はこちら) また、石炭を始めとする化石燃料に多額の融資を行っている銀行から、自分の銀行口座を動かすことで「脱石炭」の意志を示すこともできます。自分のお金の行き先を考えて「ダイベストメント」するキャンペーンなど(350Japan.orgが展開する「Let’s Divest」など)に参加することも一つの案です。

世界における日本の石炭の動きを見る

2020年、パリ協定がスタートし、世界の国々が脱炭素社会に向けて安全で信頼性の高い再生可能エネルギーへの移行を加速する中、日本は国内のみならず東南アジアやその他の地域で、数多くの石炭火力発電所の新設に関与しています。日本の石炭火力発電事業に対する資金提供を世界でも群を抜いています。世界における日本の石炭関連事業をトラックしているのが、日本および世界各国の数十の市民団体の連合体である「NO COAL JAPAN」です。世界各国での石炭火力発電所の建設を止めるための活動はこちらから

将来につながる行動を支援する

近年は、Fridays For Future(フライデーズ・フォー・フューチャー、通称FFF)のように若者が環境保護を訴えてますます活発に行動しています。FFFが主催する、政治家や企業に気候変動対策に取り組むよう求めるためのデモ行進に参加する、情報を拡散するなどで支援することもできます。Facebookなどによる情報発信をご参考ください。