ファクトシート公開:インドネシア・マリナウ炭鉱事業

インドネシアの北カリマンタン州マリナウ県南マリナウ郡に位置するマリナウ炭鉱事業につき、ファクトシートを公開しました。この炭鉱の年間生産能力は、発電等用の一般炭400万トンとされており、出光興産が株式の30%を保有してます。国際協力銀行(JBIC)、三重銀行、千葉興業銀行、北洋銀行が国際協調融資を行っています。炭鉱開発地域と周辺の村の生活や健康への影響、環境影響評価における不備が指摘されるなど、数々の問題を生じさせています。

事業者:PT Mitrabara Adiperdana Tbk (PT MA)=出光興産 株式30%保有
事業規模:発電等用の一般炭年産400万トン(生産能力)
詳細はファクトシートを参照下さい。ファクトシート:マリナウ炭鉱事業

事業のファクトシート掲載場所
掲載場所:事業の問題>第2部 各地の事業の問題及び地元住民・NGO等の取り組み