【プレゼンテーション資料公開】G7直前 国際シンポジウム「気候変動とエネルギー:石炭火力の課題に迫る」(5月20日 東京) 

【プレゼンテーション資料公開】
G7直前 国際シンポジウム「気候変動とエネルギー:石炭火力の課題に迫る」

sympophoto

(c) WWF Japan

G7伊勢志摩サミットを直前に控えた5月20日(金)、『G7直前 国際シンポジウム「気候変動とエネルギー:石炭火力の課題に迫る」』を開催致しました。気候変動・健康・経済・人権などの様々な観点から発表された資料を公開しますので、ご参考下さい。

日時: 2016年5月20日(金)9:00開場 9:30~17:30
会場: 国連大学 ウ・タント国際会議場

主催:G7直前シンポジウム企画委員会

プログラム

第1部: リスクを認識する

1. 気候変動の観点から
HELE(高効率低排出)石炭技術は2℃目標と矛盾する
リンディー・ウォング(Ecofys コンサルタント)
Lindee Wong (Ecofys, Consultant)

2. 健康影響の観点から
日本で計画中の石炭火力発電所による健康への影響
ラウリ・ミルヴィエルタ(グリーンピース 石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナー)
Lauri Myllyvirta (Greenpeace, Coal, Senior Campaigner)

3. 経済性の観点から
日本における座礁資産と石炭火力:環境関連リスク・エクスポージャーの分析」※ビデオ出演
ベン・カルデコット(オックスフォード大学持続可能金融プログラム ディレクター)
Ben Caldecott (Oxford University, Sustanable Finance Programme Directer)

第2部:国内の政策

1. G7諸国の石炭政策
G7 石炭スコアカード: 2016年 更新版
クリス・リトルコット(E3G 化石燃料転換・CCS部門 リーダー)
Chris Littlecott (E3G, Fossil Fuel Transition & CCS, Programme Leader)

2. 日本の気候変動・エネルギー政策
日本の気候・エネルギー政策と石炭火力発電の状況
日本の気候・エネルギー政策と石炭火力発電の状況」(追加資料)
平田仁子(気候ネットワーク 理事)
Kimiko Hirata (Kiko Network, International Director)

3. 各地の住民の声
半沢 紘(いわき石炭火力発電建設をやめさせる会 代表)
中山敏則(千葉県自然保護連合 事務局長)
川野達雄(神戸公害患者と家族の会 会長)、他
Local residents from Fukushima, Chiba, Kobe *資料なし

第3部. 国際的な支援政策

1. 国際的な投融資政策
石炭融資に関するOECD合意
ケイト・デアンゲリス(FoE US 国際政策アナリスト)
Kate DeAngelis (Friend of the Earth US, International Policy Analyst)

2. 日本の融資政策
国際協力銀行(JBIC)による海外石炭火力発電支援の問題点
田辺有輝(「環境・持続社会」研究センター(JACSES)プログラムコーディネーター)
Yuki Tanabe (JACSES, Program Coordinator)

3. 途上国における環境・社会問題
ベトナムにおける石炭火力発電の影響と日本の関与
グイ・ティ・カン(グリーンID 事務局長)

インドネシアにおける石炭火力発電所の環境社会問題
ピウス・ギンティン(インドネシア環境フォーラム 調査部 部長)
 Pius Ginting (WALHI/FoE Indonesia, Head of Research Unit)

環境・人権・民主主義の危機 石炭エネルギーの錯覚~インドは過去の教訓から何を学んでいないのか?
スバシュ・モハパルタ(グローバル人権コミュニケーション事務局長)
Subash Mohapatr(Global Human Rights Communications, Executive Director)

第4部. パネルディスカッション:日本とG7各国の役割

コーディネーター:島村健(神戸大学)

パネリスト:
リンディー・ウォング(Ecofys)
ラウリ・ミルヴィエルタ(グリーンピース)
クリス・リトルコット(E3G)
平田 仁子(気候ネットワーク)
ケイト・デアンゲリス(FoE US)
田辺 有輝(「環境・持続社会」研究センター(JACSES))
ピウス・ギンティン(インドネシア環境フォーラム)
グイ・ティ・カン(グリーンID)
スバシュ・モハパルタ(グローバル人権コミュニケーション)

総合司会:櫻田彩子

G7直前 国際シンポジウム「気候変動とエネルギー:石炭火力の課題に迫る」 チラシ(PDF)はこちら

<報道>

「石炭火力 日本は推進、世界と逆行 渋谷区で国際シンポ」東京新聞 2016/5/24

お問い合わせ

G7直前シンポジウム企画委員会:  Tel: 03-3263-9210、Fax: 03-3263-9463、Email: preG7symposium@gmail.com
協力団体:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、国際環境NGO FoE Japan、気候ネットワーク、グリーンピース・ジャパン、WWFジャパン