No Coal,Go Green!日本の海外石炭融資にNO!

3/18 現地報告会 「ちょっと待って! 日本のインドネシア・バタン石炭発電建設」 ~地元住民の懸念の声と日本の対応の問題点~

batangseminar3 batangseminar batangseminar2

本セミナーは終了しました。当日の配布資料は下記よりダウンロード可能です。

  • 「イネドネシア・バタン石炭火力発電事業の概要・地元の声、問題点」国際環境NGO FoE Japan委託研究員 波多江秀枝

ファクトシート(PDF)

インドネシア・バタン石炭火力発電事業に関するJBICへの要請書(PDF)

  • 「石炭採掘による被害について ~インドネシア・現場からの声~」(PDF)FoEインドネシア/WALHI 中カリマンタン支部 事務局長 アリー・ロンパス

英語(PDF)

和訳(PDF)

以下、セミナー案内です。

現在、私たちの税金・預金等で日本企業の海外進出の支援を行っている国際協力 銀行(JBIC)が、インドネシア中部ジャワ州で計画されているアジア最大級の バタン石炭火力発電事業(2,000メガワット)に対する融資を検討中です。総額 約4,000億円にのぼる同事業は、J-POWERと伊藤忠が参画を決定していますが、昨 年12月に東京で開催された日・インドネシア首脳会談のなかでも、安倍首相が「高効率石炭火力発電事業につき引き続き協力していく」旨を確認するなど、日本が官民を挙げて推進しようとしています。

しかし、地元住民からは、肥沃な農地や沿岸の漁場など生計手段への影響や健康 への影響を懸念する声があげられてきました。地元だけでなく、首都ジャカルタ にある日本大使館前でも抗議活動が行なわれてきましたが、そうした抗議の声を抑えようとする軍・警察の治安部隊により、負傷者が出る事態にもなっています。

今回の報告会では、2月に現場を訪問した日本のNGOスタッフが地元住民の声や現 状を報告するとともに、普段、日本人が知る機会の少ない石炭火力発電の原料となる「石炭の採掘現場」の現状をインドネシアからのゲストに報告してもらいま す。

日本政府・企業が進める海外の石炭火力発電事業について、日本の市民として何 ができるか一緒に考えましょう。ふるってご参加ください。

【日 時】2014年3月18日(火) 18:30~20:30

【場 所】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) セミナースペース

(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1F)http://www.geoc.jp/access#geoc

【報告者】波多江 秀枝(FoE Japan委託研究員)

アリー・ロンパス (FoEインドネシア/WALHI 中カリマンタン支部 事務局長)(逐次訳有り)

【資料代】 500円(共催団体サポーター・会員は無料)

【申込み】 下記ウェブサイトの申込みフォームよりお申込みください。

http://www.foejapan.org/aid/jbic02/batang/140318.html

【共 催】「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、気候ネットワーク、国際環境NGO FoE Japan

【問合せ】国際環境NGO FoE Japan (担当: 篠原・波多江)

TEL: 03-6907-7217 E-mail: hatae@foejapan.org

【関連サイト】https://sekitan.jp/jbic/?page_id=73&lang=ja

http://www.foejapan.org/aid/jbic02/batang/

【プログラム】

1.「JBICの石炭発電融資にNO!」プロジェクト紹介

2.イネドネシア・バタン石炭火力発電事業の概要・地元の声、問題点

3.石炭採掘による被害について ~インドネシア・現場からの声~

4.JBICの石炭発電融資 ~他国の案件について~

5.質疑応答

※同様の報告会は、3/24に京都でも開催致します。詳細はこちらをご覧ください。

http://www.foejapan.org/aid/jbic02/batang/evt_140324.html