ファクトシート公開:モルプレB(5&6号機)石炭火力発電事業

ボツワナ共和国のパラピエ地区おいて進行しているモルプレB石炭火力発電所(5&6号機)建設事業のファクトシートを掲載しました。この計画は既存のモルプレB発電所1-4号機の拡張として、5-6号機(300 MW、150 MW×2基)規模の石炭火力発電所を建設する事業です。
操業開始は2020年5月を予定しています。本件も他の事業計画同様に現地で問題を引き起こしています。

詳細はファクトシートを参照下さい。
ボツワナ・モルプレB石炭火力発電事業 事業の概要(PDFファイル)

事業のファクトシート掲載場所
掲載場所:事業の問題>第2部 各地の事業の問題及び地元住民・NGO等の取り組み