石炭ガス化燃料電池複合発電実証事業/大崎クールジェン(株)/広島県大崎上島町

  • 発電所名:
    石炭ガス化燃料電池複合発電実証事業
    企業名/運営会社:
    大崎クールジェン(株)
    親会社/出資者等:
    中国電力(株)、 電源開発(株)
    住所:
    広島県豊田郡大崎上島町中野6208-1
    設備容量(最大発電能力):
    16.6 [万kW]
    運転開始予定:
    2017年3月
    運転開始:
    (現時点で情報なし)
    状況:
    建設中
    アセスメントの有無:
    環境影響評価法による国のアセス対象
    アセスメント状況:
    補正評価書の提出(事業開始可)
    アセスメントの経過:

    経産省:TOPページ > 産業保安規制の業務内容 > 発電所 環境アセスメント情報サービス > 火力発電所 > 酸素吹石炭ガス化複合発電実証試験発電所設置計画 酸素吹石炭ガス化複合発電実証試験発電所設置計画 大崎クールジェン株式会社
    http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/el...

    燃焼/発電技術:
    石炭ガス化複合発電(IGCC)
    設計熱効率(発電端):
    (現時点で情報なし)
    設計熱効率(送電端):
    (現時点で情報なし)
    発電技術等備考:
    IGCC/IGFCの実証実験事業
    石炭の種類:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量:
    70.6 [万t-CO2 / 年]
    CO2排出量の根拠/出典:
    審査書
    CO2排出係数:
    692.0 [g-CO2 / kWh]
    SOx排出濃度:
    8.0 [ppm]
    NOx排出濃度:
    5.0 [ppm]
    ばい塵排出濃度:
    3.0 [mg / m3]
    水銀排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    関連記事等:
    • スケジュール
       2013年3月~ 建設工事開始
       2017年3月~ 実証試験開始
    • 建設記録
      http://www.osaki-coolgen.jp/report/
    • 事業工程
      (第1段階)IGFCの基盤技術である酸素吹石炭ガス化複合発電※実証試験設備を中国電力㈱大崎発電所構内に建設し、平成28年度から実証試験運転を開始する計画。
      (第2段階)第1段階の酸素吹IGCCにCO2分離・回収装置を追設したCO2分離・回収型IGCC実証試験を計画。
      (第3段階)第2段階の実証試験設備に燃料電池を組み合わせたCO2分離・回収型IGFCの実証を計画
    • 進展
      2016年4月4日 実証第2段階に着手 http://www.osaki-coolgen.jp/release/pdf/20160404.pdf
      第2段階は「CO2 分離・回収型IGCC実証事業」19年度中の実証実験開始を目指す。
    • 大崎クールジェン ウェブサイト
      http://www.osaki-coolgen.jp/