日本製紙秋田工場発電事業計画

  • 発電所名:
    日本製紙秋田工場発電所
    企業名/運営会社:
    日本製紙
    親会社/出資者等:
    (情報なし)
    住所:
    秋田県秋田市向浜2-1-1(日本製紙秋田工場敷地内)
    設備容量(最大発電能力):
    11.2 [万kW]
    運転開始予定:
    2018年11月
    運転開始:
    (現時点で情報なし)
    状況:
    アセスメント実施中
    アセスメントの有無:
    条例による自治体のアセス対象
    アセスメント状況:
    評価書の提出
    アセスメントの経過:

    「日本製紙秋田工場発電事業計画に係る環境影響評価書の公表について」(日本製紙1016/1/21)
       http://www.nipponpapergroup.com/info/2016/info160121003247.html

    「日本製紙秋田工場発電事業計画に係る環境影響評価の概要」 秋田県環境アセスメント情報
       http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1418254613459/index.html

    燃焼/発電技術:
    微粉炭ボイラー(PC)
    設計熱効率(発電端):
    (現時点で情報なし)
    設計熱効率(送電端):
    (現時点で情報なし)
    発電技術等備考:
    バイオマス混焼
    石炭の種類:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量:
    76.3 [万t-CO2 / 年]
    CO2排出量の根拠/出典:
    評価書(2016/1/21)
    CO2排出係数:
    864.0 [g-CO2 / kWh]
    SOx排出濃度:
    74.0 [ppm]
    NOx排出濃度:
    105.0 [ppm]
    ばい塵排出濃度:
    55.0 [mg / m3]
    水銀排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    関連記事等: