松浦発電所2号機/九州電力/長崎県松浦市

  • 発電所名:
    松浦発電所2号機
    企業名/運営会社:
    九州電力
    親会社/出資者等:
    (情報なし)
    住所:
    長崎県松浦市志佐町白浜免字開発2091-1
    設備容量(最大発電能力):
    100.0 [万kW]
    運転開始予定:
    2019年12月
    運転開始:
    (現時点で情報なし)
    状況:
    建設中
    アセスメントの有無:
    国のアセス対象(旧制度、省議アセス)
    アセスメント状況:
    (旧制度などで)手続き完了
    アセスメントの経過:

    (4) 環境影響評価の実績 (1/3)
      環境省:第3回環境影響評価制度総合研究会 (2008/10/3)
       配布資料3「経済産業省の環境影響評価に係る取組」
         http://www.env.go.jp/policy/assess/5-3synthesis/eia_h20_3/mat_3_03.pdf

    「2013年度 九州・沖縄地方の環境アセスメントにおける環境保全措置事例集」 環境省九州地方環境事務所(2014/3)
         https://kyushu.env.go.jp/earth/mat/data/m_2_1/2014/0326aa.pdf

    発電技術:
    超々臨界 (USC)
    設計熱効率(発電端):
    45.0 [%]
    設計熱効率(送電端):
    (現時点で情報なし)
    発電技術等備考:
    (現時点で特に情報なし)
    石炭の種類:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量:
    600.0 [万t-CO2 / 年]
    CO2排出量の根拠/出典:
    (マサチューセッツ工科大が2007年に発表したレポートに基づいて、設備容量から概算し推定した値)
    CO2排出原単位:
    (現時点で情報なし)
    SOx排出濃度:
    42.0 [ppm]
    NOx排出濃度:
    36.0 [ppm]
    ばい塵排出濃度:
    10.0 [mg / m3]
    水銀排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    関連記事等:
      運転開始を2020年6月としていたが、工期を短縮し運転開始時期を19年12月に前倒し(電気新聞情報 2016/10/27)
    • 「松浦発電所2号機 増設工事の再開について」 九州電力によるプレスリリース(2016/1/27)
      http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0050/4281/yemz243ph8m91c.pdf
    • 「松浦2号機の工期短縮 九電、自由化にらみ検討」 西日本新聞(2015/10/20)
      http://qbiz.jp/article/73085/1/
      入札募集開始時は運転開始時期を「2021年6月」としていたが、自社落札後「2020年6月」と前倒し、そこからさらに半年の前倒しを検討とのこと。
    • 「火力電源入札に自社落札することが決定」 九州電力によるプレスリリース(2015/2/16)
      http://www.kyuden.co.jp/press_h150216-1.html