• 発電所名:
    松浦発電所 1号機
    企業名/運営会社:
    九州電力
    親会社/出資者等:
    (情報なし)
    住所:
    長崎県松浦市志佐町白浜免字開発2091-1
    設備容量(最大発電能力):
    70.0 [万kW]
    運転開始:
    1989年6月
    燃料転換日:
    2013年04月
    燃料転換等備考:
    下水汚泥燃料化リサイクル事業開始
    稼働状況:
    稼働中
    発電技術:
    超臨界 (SC)
    タービン蒸気圧力:
    24 [MPa]
    タービン蒸気温度:
    538.0 [°C]
    熱効率(実効値):
    (現時点で情報なし)
    設計熱効率(発電端):
    (現時点で情報なし)
    設計熱効率(送電端):
    (現時点で情報なし)
    熱効率備考:
    (現時点で特に情報なし)
    設備利用率:
    (現時点で情報なし)
    発電技術等備考:
    (現時点で特に情報なし)
    石炭の種類:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量の根拠/出典:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出原単位:
    (現時点で情報なし)
    SOx排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    NOx排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    ばい塵排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    水銀排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    関連記事等:

    熊本市の下水汚泥固形燃料化事業に基づき下水汚泥から製造された固形燃料を、松浦発電所で石炭と混焼する九州初の下水汚泥燃料化リサイクル事業を2013年4月から利用を開始。
    松浦2号の建設計画進行中(PR:松浦発電所2号機 増設工事の再開について)
    http://www.kyuden.co.jp/effort_thirmal_k_hatsuden_k_matsuura.html