神戸製鉄所火力発電所(仮) 新設2号機/神戸製鋼所/兵庫県神戸市

  • 発電所名:
    神戸製鉄所火力発電所(仮) 新設2号機
    企業名/運営会社:
    神戸製鋼所
    親会社/出資者等:
    (情報なし)
    住所:
    兵庫県神戸市灘区灘浜東町2
    設備容量(最大発電能力):
    65.0 [万kW]
    運転開始予定:
    2022年度
    運転開始:
    (現時点で情報なし)
    状況:
    アセスメント実施中
    アセスメントの有無:
    環境影響評価法による国のアセス対象
    アセスメント状況:
    方法書審査まで終了
    アセスメントの経過:

    方法書閲覧期間は2015年7月1日〜8月3日で終了
    方法書あらまし http://www.kobelco.co.jp/assessment/kobe/files/method_a.pdf(神戸製鋼ページに方法書閲覧時の情報は残っているが、あらまし以外のPDFへのリンクは切れている http://www.kobelco.co.jp/assessment/kobe/method.html

    **環境省:環境影響評価法に基づく手続中の環境アセスメント事例
    神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画
    http://www.env.go.jp/policy/assess/3-1procedure/kohyo.php?sort=pref_up&s...

    「株式会社神戸製鋼所神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画に係る環境影響評価方法書に関する知事意見について」(2015/11.24 兵庫県)
    http://www.kankyo.pref.hyogo.lg.jp/eia/shinkokobe/151124bessi.pdf

    燃焼/発電技術:
    超々臨界(USC)
    設計熱効率(発電端):
    42.7 [%]
    設計熱効率(送電端):
    (現時点で情報なし)
    発電技術等備考:
    (現時点で特に情報なし)
    石炭の種類:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量:
    390.0 [万t-CO2 / 年]
    CO2排出量の根拠/出典:
    (マサチューセッツ工科大が2007年に発表したレポートに基づいて、設備容量から概算し推定した値)
    CO2排出係数:
    (現時点で情報なし)
    SOx排出濃度:
    13.0 [ppm]
    NOx排出濃度:
    20.0 [ppm]
    ばい塵排出濃度:
    5.0 [mg / m3]
    水銀排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    関連記事等: