(仮)蘇我火力発電所

  • 発電所名:
    (仮)蘇我火力発電所
    企業名/運営会社:
    千葉パワー株式会社
    親会社/出資者等:
    中国電力・JFEスチール
    住所:
    千葉県千葉市中央区 (JFEスチール東日本製鉄所 千葉地区東工場内)
    設備容量(最大発電能力):
    107.0 [万kW]
    運転開始予定:
    2024年
    運転開始:
    (現時点で情報なし)
    状況:
    アセスメント実施中
    アセスメントの有無:
    環境影響評価法による国のアセス対象
    アセスメント状況:
    配慮書審査まで終了
    アセスメントの経過:

    「(仮称)蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書」に対する意見について(2017/3/15)
    http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/el...

    「(仮称)蘇我火力発電所建設計画に係る計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見の提出について(2017/3/10)
    http://www.env.go.jp/press/103735.html(link is external)

    環境アセス 配慮書の提出
     12月19日 中電・JFEスチール
     千葉 (仮称)蘇我火力発電所 建設計画 計画段階環境配慮書の提出 http://www.energia.co.jp/press/16/p161219-1.html
     配慮書公表期間 2016年12月20日(火)~2017年1月25日(水)
     配慮書一般意見の締切日 2017年2月8日(水)

    発電技術:
    超々臨界 (USC)
    設計熱効率(発電端):
    (現時点で情報なし)
    設計熱効率(送電端):
    (現時点で情報なし)
    発電技術等備考:
    (現時点で特に情報なし)
    石炭の種類:
    (現時点で情報なし)
    CO2排出量:
    642.0 [万t-CO2 / 年]
    CO2排出量の根拠/出典:
    (マサチューセッツ工科大が2007年に発表したレポートに基づいて、設備容量から概算し推定した値)
    CO2排出原単位:
    (現時点で情報なし)
    SOx排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    NOx排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    ばい塵排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    水銀排出濃度:
    (現時点で情報なし)
    関連記事等:
    • 「千葉パワー株式会社の設立について」 プレスリリース(2017/4/3)
      http://www.energia.co.jp/press/2017/10315.html(link is external)
    • 千葉:中国電・JFEスチール、石炭火力の共同建設検討を開始
      11月7日、中国電力とJFEスチールは石炭火力発電所を共同で建設する検討を始めたと発表。今年度中に中国電が主体となり特別目的会社(SPC)を設立する。予定地はJFE東日本製鉄所千葉地区(千葉市)、出力100万キロワット。2020年代半ばの運転開始。
      この案件は既に一覧に掲載してあった「発電所名不明/中国電力・JFEスチール・東京ガス/千葉県千葉市」に該当する。
      中国電力プレスリリース「石炭火力発電所共同開発検討の合意について」
      http://www.energia.co.jp/press/16/p161107-1.html
    • 日経新聞 中国電・JFEスチール、石炭火力の共同建設検討 (2016/11/7)
    • 「東電の火力入札、募集の2割強どまり Jパワーなど4社落札」 日経(2015/8/31)
      http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ31HTZ_R30C15A8TJC000/
      落札に失敗
    • 「中国電、首都圏で火力発電所 JFE・東ガスと」 日経(2014/4/27)
      http://www.nikkei.com/article/DGXDZO70477760W4A420C1TJC000/
      **東京電力に入札予定