インドネシア西ジャワ州チレボン火力発電所建設事業のファクトシート公開

インドネシア西ジャワ州チレボン火力発電所建設事業のファクトシートを公開しました。

cirebon1cirebon_view

左:チレボン石炭火力発電所1号機とワルドゥウル村に広がっていた養殖池
右:石炭火力発電所1号機の近くに広がる塩田

日本、韓国、インドネシアの合弁企業が進めている西ジャワ州チレボン石炭火力発電事業は、生計手段や健康への影響を懸念する住民が反対を続けてきましたが、日本の国際協力銀行(JBIC)の公的資金も投じられ、1号機の商業運転が2012年から開始されました。

生活の糧を失うなど、すでに実害を被った住民も多く出ているなか、これから本格的に建設が始まる2号機(現在、JBICが融資を検討中。丸紅、中部電力出資。出力規模1,000MW)についても、地元住民から問題の拡大を懸念する声が聞かれます。

詳しくは、JBICが支援する石炭火力発電所事業の概要と問題を参照ください。