ミャンマー住民が来日報告!COP21直前セミナー 「村の未来は石炭火力発電では創れない」」―ミャンマー各地から日本へのメッセージ―(11月27日開催)

evt_151127

「最後のフロンティア」と呼ばれ、各国からの援助・投資ラッシュが始まっているミャンマー/ビルマでは、押し寄せる開発の波を乗り越えようとする力強い市民社会の動きがあります。

日本も経済特区やインフラ整備など、すでに多くの開発事業をミャンマーで行なってきていますが、現在、日系企業がミャンマー各地で計画中の石炭火力発電事業は、先祖代々営んできた生計手段への影響や健康被害等を懸念する地元住民の猛反対にあっています。企業は地元住民らを対象に日本の石炭火力発電所への視察ツアーを組んだり、地域社会の分断を図ろうとしていますが、石炭火力発電への反対の声は衰えていません。

現在、国際社会では気候変動問題への対処の観点から、CO2を大量に排出する石炭火力発電に対して厳しい目が向けられています。一方、経済発展を望むはずのミャンマーの市民社会はなぜ、石炭火力発電に強く「No」を突きつけているのでしょう。また、彼らの望む未来はどのようなものなのでしょう。

本セミナーでは、日系企業が石炭火力発電事業を計画中のミャンマー各地の村から住民と彼らを支援している現地NGOスタッフを迎え、人びとの懸念とこれまでの取り組み、今後の展望について報告してもらい、そのメッセージから、ミャンマーへの日本の援助・投資の在り方を考えます。ふるってご参加ください。

【日 時】2015年11月27日(金)18:00~20:30(開場17:30)
【場 所】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)
地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分
(地図)http://www.geoc.jp/access
【参加費】無料
【申込み】下記ホームページにある「申込フォーム」よりご記入をお願いします。
http://www.foejapan.org/aid/doc/evt_151127.html
【共 催】「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、気候ネットワーク、 メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan
【協 力】350.org、A SEED Japan、 アーユス仏教国際協力ネットワーク、Fair Finance Guide Japan
【問合せ】国際環境NGO FoE Japan
メールアドレス: info@foejapan.org
電話: 03-6909-5983/ファックス: 03-6909-5986
【関連サイト】「JBICの石炭発電融資にNo!」プログラムについて → http://sekitan.jp/jbic/

【プログラム】(当日変更の可能性もございます。)
1.日本が海外で支援する石炭火力発電の問題とミャンマー電力計画への日本の関わり
2.ミャンマー市民社会から日本へのメッセージ(逐次訳あり)
「石炭はNo! ミャンマーの電力事情と地域分散型システムの可能性」
3.日系企業が石炭火力発電事業を計画中の各地から日本に対するメッセージ(逐次訳あり)
1)タニンダーリ地方域より
2)エーヤワーディ地方域より
3)モン州より
4.質疑応答

 

○カンパのお願い
ミャンマーからの住民・NGOの招聘・滞在費等をカバーするため、カンパをお願いします!一口おいくらからでも結構です。どうぞよろしくお願いいたします。

【お振込先】
郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan
郵便局備付の払込取扱票をお使いください。
通信欄に、「ミャンマー住民来日のための寄付」とご明記の上、住所、氏名をお忘れなくご記入ください。

(以上)