Don’t go back to the 石炭〜石炭火力発電に反対 |石炭発電|石炭火力発電|反原発

【調査レポート】「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による石炭関連投資の実態」発表ーJACSES

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)が、世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による石炭関連企業への投資実態調査を行ったレポートを6月5日に発表しました。

JACSESの調査によれば、GPIFの石炭関連投資の調査は史上初とみられ、2016年3月時点のGPIFによる石炭関連企業への投資額(時価総額)は、8826億円~1兆7,955億円に上ることが判明しました。

本調査ではGPIFによる株式・債券の保有データを元に、以下3通りの方法で石炭関連企業を特定しています。
・方法1(ノルウェー政府年金基金が特定した石炭関連企業)に基づくGPIFの石炭関連企業投資額
・方法2(The Carbon Underground 200の石炭資産保有大手100企業)に基づくGPIFの石炭関連企業投資額
・方法3(方法1と2の合算、重複企業を集約)に基づくGPIFの石炭関連企業投資額

パリ協定発効により、世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2度よりも十分低く保つとともに、1.5度に抑える努力を追求することが国際目標となっていますが、世界の大手化石燃料保有上場企業200社の現有化石燃料埋蔵量762ギガトン(CO2換算)のうち、産業革命からの気温上昇幅を2度に抑制するためには、225~269ギガトン分しか利用することができないと指摘されています。

こうした利用できない可能性のある資産を保有するリスクは座礁資産リスクと呼ばれ、既にノルウェー政府年金基金、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalSTRS)、スウェーデン第二公的年金基金(AP2)などの公的年金基金は、座礁資産リスクを避けるべく石炭関連企業からのダイベストメント方針を表明しています。しかし、日本のGPIFは、2015年に国連責任投資原則(PRI)に署名し、投資先の環境・社会・ガバナンス等を配慮したESG運用を開始したものの、今のところ気候変動に関する明確なスタンスは示していません。

本調査レポートの中で、JACSESはGPIFに対して、石炭関連企業からのダイベストメント方針を策定するよう求めています。

調査レポートのダウンロードはこちらから。

本声明に関する問い合わせ先:

特活)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、田辺有輝
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2三信ビル401
Tel: 03-3556-7325 Fax: 03-3556-7328
Email: tanabe@jacses.org URL: http://www.jacses.org/

関連情報

セミナー「ポートフォリオ低炭素化の最前線~動き始めた日本の金融機関」開催予定 詳細はこちらから。
日時:7月12日(水)19:00~21:00(18:40開場)
会場:TKP神田ビジネスセンター(東京都千代田区神田美土代町3-2神田アベビル3~8F)C502会議室