Don’t go back to the 石炭〜石炭火力発電に反対 |石炭発電|石炭火力発電|反原発

HOME

This site aims to end the promotion of coal fired power plants in Japan as well as all over the world by sharing information, hearing your opinions, and expanding our circle.

We are still using coal?

menu_en_1 menu_en_2menu_en_3menu_en_4menu_en_5menu_en_6menu_en_7

If you support the idea that “Coal is outdated! We don’t want any more coal!”, you can join our cause from anywhere in the world.

Please open “anticoalman” page and crick the coal icon.


最新記事 Recent

  • %e8%a2%96%e3%82%b1%e6%b5%a6%e6%b5%b7%e6%b5%9c

    %e8%a2%96%e3%82%b1%e6%b5%a6%e4%bd%8f%e6%b0%91%e6%84%8f%e8%a6%8b%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e4%bc%9a” width=”608″ height=”378″ /> さらに、今後、省エネの取組が進むことを考えると、政府の電力需要予測が過大である可能性が高く、このまま石炭火力建設が進めば供給過多となる可能性があります。よって石炭火力は新設せず、既存設備を耐用年数まで使用する中で再エネ割合を増やしていくことで、脱原発・脱炭素を実現することができるという説明でした。 次いでFoEの吉田氏からは、石炭推進は原発推進にもつながることが指摘されました。電力業界は排出削減の自主目標を持っており、石炭火力を増加させる傍らでこの目標を達成するためには、排出を相殺するための大規模な「非化石電源」、つまり原発が使われてしまう可能性が高いというのです(詳細はhttp://e-shift.org/)。また、袖ヶ浦石炭火力発電所建設計画を進める東京ガスと面会し、建設計画の中止と再エネの推進を伝えたことも報告されました。 石炭火力発電の新設は、首都圏住民の健康問題 東京公害患者の会・秋本氏によると、東京都のぜんそく患者は増えており、PM2.5の排出規制も不十分で、このまま石炭火力を推進することは首都圏の住民の健康にも関わる問題であることが指摘された。こうした被害予測に対し、十分な対策コストを支払っていないことを考えると、石炭のコストが安いことには疑問に思えます。 会場の参加者からも様々な意見が上がりました。袖ヶ浦市民で石炭火力建設中止へ向けて精力的に活動されている川上氏からは、事業者が環境アセスメントの手続きを進める中で、住民への説明が不十分な状況が伝えられました。また隣接する市原市でも計画があり、2つの設備による複合汚染の可能性にも懸念が示されました。 今回の意見交換会を終えて、社会全体としての将来的なエネルギービジョンがないままに電力小売全面自由化が始まり、事業者が目の前の「安さ」重視で石炭火力計画を進めている現状が浮かび上がってきました。一方で、自由化の中で再エネ推進を進める流れが少しずつ生まれています。石炭火力推進という時代錯誤の流れを止めていくには、計画段階の今から行動する必要があります。 意見交換も2回目となり、こうした石炭火力新設の危険性について参加者である地元住民の方々の理解も進行してきました。一方、原発と石炭の両方を否定する運動が受け入れられるのか、やはり再エネが普及するまでのつなぎの電源を必要とするのではないか、という意見もなおありました。今後、より幅広い地元住民の参加を得つつ、さらに意見交換を継続していくことを確認して、意見交換会は終了しました。 (国際環境NGO FoE Japanインターン 井関 将人)

    (日本語) 袖ヶ浦・市原の石炭火力発電について住民の意見交換会

  • browse-1027838_640

    New report: Japan champions ‘clean’ coal technology despite ‘universal failure’ November 14th, 2016 (Marrakesh/Tokyo). As new analysis reveals that Japan plans to invest US$10 billion into coal projects overseas, ground breaking analysis also shows that Japan is promoting coal technology which has failed universally, according to Japanese NGO Kiko Network.[1] Japan is also planning to …

    New report: Japan champions ‘clean’ coal technology despite ‘universal failure’ (November 14th, 2016)

  • 煙突

    今年6月、経済産業省が、「次世代火力発電に係る技術ロードマップ」なるものをとりまとめました。このロードマップでは、「パリ協定の採択などで、その議論がすすみ、改めて次世代の⽕⼒発電技術の開発を進めるべきことが再確認された」などと「パリ協定」の勝手な解釈を前提においています。さらに、世界の脱炭素化の潮流は完全に無視して、A-USC、IGCC、IGFCと石炭火力発電の新技術を2020年頃から2025年頃にかけて確立していくことを目指しています。しかし、「最も高効率」とされるIGFCという技術でさえ1kWhあたり590gもCO2を出します(すでに運転中の天然ガス火力には1kWhあたり330g程度のものもあります)。こんなにCO2排出量の多い石炭技術に政府の補助金をつぎ込み、今後10年もの時間をかけて研究開発をする意味があるのでしょうか? そして、「CO2排出量をゼロに近づける切り札」として、CO2 回収・貯留及び有効利用技術(CCUS)、水素発電技術など、石炭を使用しながらCO2排出をゼロにするなどと夢物語を描いているのです。しかし、こうした石炭開発がどの程度温室効果ガスを排出することになるのかは全く描かれていません。むしろ排出増につながる恐れがあるのではないでしょうか。 いったいこの国はいつになったら夢から醒めるのでしょうか? <次世代火力発電に係る技術ロードマップのポイント>   *  経済産業省のプレスリリースより (1) 2030年度に向けた取組として、発電効率を飛躍的に向上させるIGFC(石炭ガス化燃料電池複合発電)やGTFC(ガスタービン燃料電池複合発電)等の次世代の高効率火力発電技術を、2025 年度頃までに段階的に技術確立させる。 (2) 2030年度以降を見据えた取組として、火力発電からのCO2排出量をゼロに近づける切り札となり得る CO2 回収・貯留及び有効利用技術(CCUS)、水素発電技術について、現時点から戦略的に技術開発を進めていく。 (3) また、次世代火力発電技術の早期確立・実用化を図るため、政府、NEDO と連携して技術開発の推進体制の強化に取り組むとともに、早期の導入、普及に向けてメーカー、ユーザー、政府が一層連携して取組んでいく。 参考 【経済産業省】次世代火力発電に係る技術ロードマップを策定しました

    (日本語) 日本は、この先ずっと石炭開発!? ~経産省が「次世代火力発電に係る技術ロードマップ」をとりまとめ~